外壁塗装の目的

新築で家を建てて10年程経過すると外壁が痛み出し、「色が剥げてきたなぁ」「外壁の目地が割れてきたなぁ」といった箇所が気になってきます。

そう思っていると、なぜかタイミング良く、『外壁塗装しませんか?』と営業マンがやってくる。

『きれいになりますよ!』と言われたけど、100万も150万もかけて、外壁塗装する意味が本当にあるの???と疑問に思うことがあると思います。
本当は、もっと安く出来るんじゃないの?外壁塗装しても、見た目が変わるだけで、何もかわらないんじゃないの?と・・・。
別に住めないわけじゃないし、雨漏りしているわけでもないしこのままでいいんじゃないか・・・。

そんな風に皆さんはお思いだとおもいます。

外壁塗装とは、もちろん美観をきれいにする目的もありますが、本来は建物を防水して寿命を延ばすことが目的なのをご存知でしょうか?

建物内に水が浸入すると断熱材が湿気を含みカビが発生します。また湿気を含んだ材木は白蟻を呼びます。
雨漏りはこうした2次的被害を誘発するのでそれを外壁塗装で阻止してあげるのです。

我が家はまだまだ大丈夫!と思われた方!
外壁塗装に早すぎるということはありません!
新築時の塗装は、フッ素や断熱塗料のような高耐久塗料は使用されていないのが現状です。
新築の際には、他に費用がかかるので、塗料にまでなかなか費用が回らないのが実情です。
だからと言って、外壁が劣化してから塗装するのでは、すでに手遅れです。
外壁がしっかりしている状態で塗装すれば高耐久塗料など本来の性能が発揮できるのですが、痛んだ外壁には密着性も下がってしまいますし仕上がりも良くありません。

急かせるつもりはありませんがこれが外壁塗装の真実なんです。

塗り替えリフォームって本当にやらなきゃいけないの?  外壁塗装の2つの目的!

注意して住まいを見れば・・・思わぬ劣化に驚いてしまいます!
早め早めの修繕。建物は必ず長持ちします。

屋根 サッシ ベランダ 一般外壁 浴室

1. 外観の美しさを保つため!

太陽の紫外線や雨風の影響で、外壁の汚れが目立ってきたり、色が褪せてきます。
塗り替えによって新築のように綺麗な外壁に生まれ変わります。

1.美観

2. 外壁を長持ちさせるため!

外壁塗膜の劣化により防水性が失われてくると、外壁自体が雨水などにより湿気を吸収して傷んできます。
傷みが進行してしまうと塗り替えではなく、外壁自体の張り替えなど大掛かりなリフォームが必要となります。

外観の美しさや、外壁の保護以外にも、最近では時代のニーズを受けて、様々な判断材料が増えてきています。

1. 断熱性などのエコロジーな付加機能
2. 耐震性などの地震対策としての補強機能
3. 光触媒などで壁の汚れや空気を浄化する環境対策機能
など

住まいの定期的なメンテナンスをすることが、良い状態を保ち、結果的にお金を無駄にしないことにつながります。
住まいを大切にしたい方にとって、塗り替えリフォームは避けて通れません。

2.素材保護

こんな症状が現れたら塗り替え時期!

定期的なメンテナンスが必要とはいえ、築1~2年の住まいには塗り替えリフォームは不要です。
一般的には、サイディングの外壁の場合、初めて塗り替えの方で7~10年、2回目~3回目の方で10~15年が目安です。
詳しく専門家に見てもらう前に、自分で住まいの状態を把握し、塗り替えのタイミングを知っておきましょう。

1. 初めての塗り替えの方

・7年から  ・・・・・・・・ デザインサイディング
・10年から ・・・・・・・・ 外壁モルタル塗装仕上げ

2. 2回目、3回目の方

10年~13年

要因

■汚れ・雨漏り・コーキング切れ ■近所が綺麗になった・チョーキング ■10年経過したから・・・・ などなど

外壁(モルタル)の場合

外壁を見てひびが黒ずみ始めたら要注意!

外壁(モルタル)の場合

小さな割れが出てませんか?

外壁(モルタル)の場合

窓周りはどうですか?

外壁(モルタル)の場合

壁を触ると手が白くなりませんか?

外壁(サイディング)の場合

サイディングボードは目地割ていたり、塗装が劣化していると要注意です。

外壁(サイディング)の場合

コーキング目地が割れていませんか?

外壁(サイディング)の場合

釘付近から割れていませんか?

外壁(サイディング)の場合

反って隙間が出来ていませんか?

木部の場合

木は塗膜が劣化すると、変形・腐食につながります。塗膜が剥がれていたり、艶がなくなっていたら要注意です。

外壁(サイディング)の場合

隙間がありませんか?

外壁(サイディング)の場合

塗装が剥がれていませんか?

外壁(サイディング)の場合

腐食している箇所はありませんか?

鉄部の場合

鉄は錆びて腐食してしまう強度が落ちます。大事な場所に使用されている場合が多いので要注意です。

鉄部の場合

錆がでていませんか?

鉄部の場合

腐食している箇所はないですか?

屋根(コロニアル)の場合

屋根の塗装の劣化は雨漏りにつながります。こまめな点検が必要です。

屋根(コロニアル)の場合

コケが出て変色していませんか?

屋根(コロニアル)の場合

赤錆ていたり釘が浮いていませんか?

屋根(トタン)の場合

屋根の塗装の劣化は雨漏りにつながります。こまめな点検が必要です。

屋根(トタン)の場合

赤く錆がでていませんか?

屋根(トタン)の場合

釘が浮いていませんか?

ベランダ・床の場合

ベランダの塗装の劣化は雨漏りにつながります。こまめな点検が必要です。

ベランダ・床の場合

浮いてませんか?ひびわれていませんか?

浴室の場合

浴室の塗装の劣化はカビにつながります。こまめな点検が必要です。

浴室の場合

かびが発生していませんか?

外壁セルフチェック

まずはご自身で外壁の状態を調べてみましょう。
下記の外壁セルフチェックを参考に、チェックしていただき、そのあと、showaのリフォームへご相談下さい。

新築時に比べて、外壁の色が色あせ、くすんでいる

新築時に比べて、外壁の色が色あせ、くすんでいる

太陽からの紫外線により、外壁の塗膜が劣化した状態です。

劣化度:★

壁に手を擦りつけてみる

壁に手を擦りつけてみる

塗料の粉が手に付いたら、塗料が劣化している状態です。
チョーキングと言われる現象が起きています。

劣化度:★★

壁と壁のつなぎ目の部分を指で押してみる

壁と壁のつなぎ目の部分を指で押してみる

コーキング部分を指で押して、弾力がなくなっている状態です。
そこから水が漏れてくる可能性があります。

劣化度:★★★

外壁に苔や藻などがついている

外壁に苔や藻などがついている

外壁の汚れの70%は、外壁に付着した苔や藻が原因です。
苔や藻などは、あっという間に増殖してしまいます。

劣化度:★★★★

外壁がヒビ割れ、塗装が剥がれている

外壁がヒビ割れ、塗装が剥がれている

外壁や目地の部分がヒビ割れの状態や、塗装が剥がれたままの状態にしておくと、外壁が急激に劣化してしまい、塗装だけでなく、もっと大掛かりな補修が必要になってしまいます。
この状態になる前に塗装をすることをオススメします。

劣化度:★★★★★

正直に全部お話しいたします!外壁塗装のすべて

はじめまして、こんにちは!Showaクリエイトの田村茂です。
これからリフォームや外壁塗装、増築、新築をご検討されている方、「不安」や「迷い」がありませんか?
当社は包み隠さずすべてを先にお伝えします!

外壁塗装がなぜ必要なのか?

大暴露!外壁塗装の裏側とは

納得!外壁塗装の適正価格

Showaの外壁塗装のこだわり

春の外壁塗装キャンペーン

Showaのリフォームってどんな会社なの?

Showaのリフォーム 中継ブログ

施工事例