安心の3回塗り

Showaクリエイトでは、独自の塗り方で、重ね塗りを行い、塗りムラを防いでいます。
3回重ね塗りをすることにより、完璧な塗装に仕上げます。

屋根塗装のこだわり

スレート屋根の内側についてのこだわりです。
屋根の内材が腐食してしまう原因は、
・雨水の浸入による湿気や浸水
・金物のさびつき
・屋根材の経年劣化

などが考えられますが、「縁切り」不足が原因のによることもあります。

縁切りとは、スレート屋根の瓦の上下の重なり部分に隙間を作り、雨水の逃げ道を作る作業のことです。

この縁切りでしっかり隙間を確保しなかったり、塗料で屋根の隙間が全て埋まった状態だと、雨水が行き場を失い、釘穴から瓦の下に侵入して、下地を傷めてしまい、最終的には雨漏りの原因となります。

また塗装後に縁切りをすると、強い力を加えるため屋根材を傷めてしまったり、せっかく塗装した屋根の上に足跡をつけてしまいます。
また、適切な隙間を作ったつもりでも、時間が経過して塗膜面が再び接着してしまうことがあります。

Showaクリエイトでは、「タスペーサー」と呼ばれる専門の金具を利用して、確実に隙間を作っています。

タスペーサー

タスペーサーの特徴

屋根を汚しません!

下塗り後に屋根に設置するのでそのまま中塗り、上塗りを行えます。
塗装後の作業が一切ないため、きれいに仕上がった塗装面を足跡で汚したり、傷をつけたりしません。

しっかり隙間を確保します

屋根の上下の重なり合いに金具を設置するので、必ず隙間が生まれます。
塗装後も隙間が確保され、塗膜によって塞がれる心配もありません。

屋根を汚しません!

屋根の上だから確認できない縁切りの作業ですが、タスペーサーを設置すれば、しっかり縁切りがされているか一目瞭然です。

屋根の塗装をするときは、「タスペーサー」を使って、しっかり縁切りを行い、雨水から屋根をしっかり守り、少しでもよい状態で長持ちするようにして下さい。

タスペーサー

下地処理へのこだわり

特別な高圧洗浄用特殊洗剤

特別な驚きの高圧洗浄力で、汚れを徹底しておとします!

目で見てもわかりにく部分ですので、手抜きして洗浄したり、洗浄後にしっかり乾燥しないまま塗装すると、カビや苔等の微生物により、外壁の汚れが出てきます。

外壁の汚れを残したまま塗装をしても、完成直後は問題なくキレイに仕上がります。しかし1~2年経った頃、汚れが残っていた部分が浮き上がってきて、塗装が剥がれてしまいます。
れた部分の影響で、下地と塗料の接着力がおちてしまうからです。
そのようなトラブルをなくすため、『Showaクリエイト』では、下地処理にこだわっています。

そのこだわりが、今まで難しかった「カビ」「苔」などの微生物の汚れを根こそぎ洗浄する方法です!
通常の高圧洗浄では落としきれなかった0.01㎜にも満たないピンホール(穴)に潜んでいるカビや藻、旧塗装が残ったままの外壁の汚れを徹底的に落とします。
しっかり汚れを落とすことで、塗装の密着性もよくなり、塗料の性能が格段に長持ちします。また殺菌消毒作用により、洗浄後の美観にも継続的な効果があります。

強靭な洗浄力がありますが、人体や植物への影響が少なく環境に優しい洗浄です。
洗浄中に発生する臭いにも配慮されており、作業員のみならず、施主様やご近所さんへの二次災害も防ぎます。
特別なオリジナル高圧洗浄をすることで、塗料の耐久性が格段に良くなります。長年塗装に携わってきたプロが自信を持ってオススメします。

最強の下塗り材 水性反応硬化型微弾性ホールド材 アレスホルダーZ

下塗り材を素材と上塗りとの接着材とは、考えていません。
安心できる強力な土台を作り、下地を補強・強化します。
下塗りは、上塗りをした後では見えなくなるため、あまり重要視しないケースが多いようです。
業界では、手抜きの一番やりやすい所として高級な塗装工事契約であっても、普通のシーラーを使用する業者がほとんどです。

最強の下塗り材 水性反応硬化型微弾性ホールド材 アレスホルダーZ

アレスホルダーZの特徴

アレスホルダーZとは、水性反応硬化形エマルションを用いた微弾性下地調整材です。下地調整材、下塗材、中塗材に必要な各性能をすべて持っており、塗装方法の選択により、テクスチャーのコントロールも自由自在にできます。

アレスホルダーZの特徴

下地調整剤 下塗材 中塗材

吹き付け工法とローラー工法の違いは?

同じ塗料を使用しても、耐久性が塗り方によってまったく違ってきます。
手塗りのローラー工法以外にも、塗料によって決まっている標準塗布量や乾燥時間を守り、強い塗膜を作ります
ローラーが使えない狭い箇所はハケでしっかり塗り込みます。

吹き付け工法とは

ローラー工法とは

吹き付け工法とローラー工法の違い

吹き付け工法

吹き付け工法

従来は、吹き付け工法が一般的な塗り方でした。
吹き付け工法とは、大きな霧吹きみたいな機械で、大きな音を出しながら外壁に吹き付け工事をします。大掛かりな作業のため、「工事金額が高そう・・・」と思われがちですが、手塗りのハケやローラーに比べて一気に塗れるので楽に早く塗れます。
手塗りのハケやローラーだと、どうしても塗った感じが出てしまいますが、吹き付け工法だと均一に塗料がのるので仕上がりがとても美しくなります。
一方で、吹き付け工法は、スプレーのように小さな穴から噴射するので、塗料を水やシンナーでかなり希釈して使います。ローラーで手塗りした場合に比べて塗布量が少なくなりがちなので、塗料の本来の性能が発揮できるよう丁寧に施工します。

■メリット
  • ・施工がラク(職人目線ですが…)
  • ・仕上がりがキレイ
■デメリット
  • ・ローラー工法に比べて、耐久性が落ちる。
  • ・塗料が飛び散るので、養生がたいへん。
  • ・騒音や環境問題が気になる。

ローラー工法

ローラー工法

最近では、環境問題や騒音対策から、ローラー工法で施工する現場が増えています。
ローラー工法は、原液に近い状態で職人さんが手塗りします。手間はかかりますが、しっかり分厚い膜厚ができるので、吹き付けより耐久性が高いです。 ローラー工法は、使用するローラーの違いから、ウールローラーと砂骨ローラーと2種類があります。
ウールローラーが一般的には使われていますが、傷みのひどい場合やとにかく強い塗膜にする場合は、砂骨ローラー(マスティックローラー)という最も厚膜を作れるローラーを使います。

■メリット
  • ・耐久性が高い。
  • ・環境に優しい。
  • ・塗料が周りに飛び散る可能性が少ない。
■デメリット
  • ・職人の手間がかかるので、割高になりがち

大切な工程 コーキング

外壁塗装工事にとっても大切な工程があるのをご存知ですか?本当の意味で建物を雨風から守るために地味ではあるが「大切な工事」!それがコーキング工事(シーリング)です。

コーキングとは「外壁材のジョイント部分に見られるゴム製の目地材です。」
コーキングの役目は地震や外壁の挙動に追従して、その力を逃す役目と防水性と気密性を保つ役目をはたしています。

1軒の家で100m前後打ち替えをします。こうした手間のかかる地道な作業が建物の将来を大きく左右するのです。

Showaクリエイトでは、この大切なコーキング工事(シーリング)に時間を掛けて工事致します。

塗り替えリフォームの流れ

STEP1 足場の仮設、養生ネット貼り

作業効率アップ、事故防止のために足場を仮設します。
近隣住宅や植木、車への塗料の飛散防止のため、養生ネットはしっかり貼ります。

STEP2 養生

窓やドアの周りなどに塗料が付着しないように、養生をします。
しっかり養生するか否かで、仕上がりに大きく差がでます。

STEP3 しっかり下地を洗浄します

カビや苔などの微生物による汚れを根こそぎ落とします。
その汚れが残ったままで塗装をすると、塗料の密着性が弱くなり、仕上がりの色合いや耐久性に影響がでてしまいます。
塗装の耐久性にも影響するので、しっかり汚れを落とすことが大事です。

STEP4 下地処理をします

外壁のひび割れ(クラッキング)などを修製材を用いて補修します。
コーキングに亀裂が入ってしまったり、爆裂状態の場合、防水性能が衰えてしまうので、新たにコーキング処理をします。

STEP5 下塗り(1回目)

シーラーやアンダーフィーラーなどの下地材で下塗りを行います。
壁に染み込ませて固着力と中塗り塗料との密着度を高めます。
この工程を手抜きすると、塗装が長持ちせず、劣化が早くなります。 十分に乾燥させてから、中塗りに入ります。

STEP6 中塗り(2回目)、上塗り(3回目)

塗膜厚を一定量確保し塗膜を長持ちさせるために中塗りを行います。
中塗りで下地(壁)を覆う力を高めた後、上塗りでキレイに色を付けて塗装の最終仕上げを行います。
中塗りと上塗りには同じ材料が使われます。

STEP7 細かい部分のメンテナンス

見落としがちな細かい部分もちゃんとメンテナンスします。

STEP8 仕上がり確認

養生をしたネットやビニールシートを外して、仕上がりの確認をします。
もし、出来上がりに満足がいかない場合は、お客様の話をしっかり聞いて、満足がいくように仕上げます。

STEP9 足場の解体・掃除

最終確認ができたら、足場の解体して撤去をします。
足場の解体などででたごみの回収や敷地周りの掃除をして、工事前通りキレイにします。

Showaのリフォームってどんな会社なの?

Showaのリフォーム 中継ブログ

施工事例

リフォームのなんでも無料相談室

安心!イオンモールで無料リフォーム相談会